住宅の知識

ZEH(ゼッチ)のメリットとデメリットをまとめてみた

ZEH(ゼッチ)のメリットをまとめてみた

近年では新たな住宅の形として、ZEH(ゼッチ)が注目を集めています。

ZEHはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称で、簡単に説明すると省エネ住宅のことです。

家庭で消費されるエネルギー量と作られるエネルギー量がゼロの状態を目指したシステムで、2020年までには標準的な新築住宅をZEH(ゼッチ)に、2030年までには新築住宅の平均がZEH(ゼッチ)になるように国は目指していますね。

以下では、どの要件に適合した住宅がZEH(ゼッチ)だと定められるのかまとめてみました。

・強化外皮基準
・再生可能エネルギーを除いて、基準一次エネルギー消費量から20%以上削減されている
・再生可能エネルギーを導入している
・上記の3つにより、基準一次エネルギー消費量から100%以上削減している

少々難しい内容ですが、消費するエネルギー量を減らす省エネと使うエネルギー量と同等のエネルギーを作る創エネの両方を実現するのがZEH(ゼッチ)のコンセプトです。

住宅をZEH(ゼッチ)化することにより、得られるメリットをいくつか見ていきましょう。

ランニングコストを抑えられる

ZEH(ゼッチ)は消費エネルギーゼロを目指すため、費用対効果の高い住宅です。

具体的にはZEH(ゼッチ)化することで、ランニングコストを抑えられるメリットがあります。

ここでは、ZEH(ゼッチ)で光熱費を中心とするランニングコストを抑えられる理由をいくつか挙げてみました。

・太陽光発電を使ってエネルギーを創れる
・断熱や最新の省エネ機器を導入している
・気密性を確保して暖房や冷房を使わずに過ごせる

エネルギー消費量が正味ゼロになれば、毎日発生する光熱費も必然的にゼロにできる確率が高まります。

大きめの太陽光発電を設置している家庭では、売電収入で収支をプラスにすることも可能ですよ。

これから何十年も生活をしていく住宅で光熱費がかからないZEH(ゼッチ)は、大きな魅力があることがおわかり頂けるのではないでしょうか。

健康で快適な生活を送れる

ZEH(ゼッチ)は光熱費の節約に加えて、健康で快適な生活を送ることができます。

冬場は居室に比べて廊下や浴室などの場所が極端に寒くなりやすく、ヒートショックで悩まされる方は少なくありません。

ヒートショックは過激な温度差で心臓や血管の疾患が引き起こされる症状で、具体的なメカニズムを見ていきます。

①冬場に暖房の効いた場所から気温の低い浴室に向かう
②寒さに対応するために血圧が上昇する
③衣服を脱いで浴室に入ると更に血圧が上がる
④浴槽に入ると急激に身体が温まって血圧が下降する
⑤この血圧の乱高下で脳内出血や心筋梗塞を起こす

最悪の場合は死に至るケースもある怖い状態ですが、ZEH(ゼッチ)では住宅全体の断熱が欠かせません。

建物全体が一定の温度で保たれやすくなりますので、ヒートショックを未然に予防できるわけです。

健康で安全な生活を送りたい高齢者が住む住宅は、ZEH(ゼッチ)を取り入れた方が良いでしょう。

災害時でも装置で代替えができる

ZEH(ゼッチ)では、太陽光発電とセットで蓄電装置を搭載するケースがあります。

蓄電装置を上手く使えば、発電した電気を家庭内で活用できる仕組みです。

つまり、災害時でもこれらの装置で代替えができますので、エネルギーの節約を図りながらも快適に過ごせます。

長期的な目線で見てみると日本では地震を中心に様々な災害のリスクがありますので、いつ何が起こるかわかりません。

住んでいる人の安全を確保する目的でも、ZEH(ゼッチ)化は役立ちます。

国から補助金を受け取ることができる

これから建てる住宅をZEH(ゼッチ)化すると、国から補助金を受け取ることができます。

新築の購入では住宅ローンを組む方がほとんどですので、補助金でまとまった金額が支給されるのはありがたいのではないでしょうか。

ZEH(ゼッチ)化による補助金には細かい要件が定められていますが、大まかなポイントは次の3つです。

・家の中が寒さや暑さに影響されにくいように断熱材や窓の種類など、断熱性能を高める
・省エネタイプのエアコンや高効率な給湯システムなど、省エネを取り入れる
・太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステムで創エネを取り入れる

申請しても100%確実に支給されるわけではありませんが、ZEH(ゼッチ)化による補助金は2019年で一律70万円と決められています。

合わせて蓄電池を設置すると、追加で補助金を受けられるのが特徴です。

無理せずに省エネ生活ができる

電気代やガス代を少しでも節約しようと努力する姿勢は大事ですよね。

光熱費は無駄が出やすい部分ですので、次のような生活を送っている方はいませんか?

・夏場で暑くて苦しいけど冷房じゃなくて扇風機で我慢する
・冬場は暖房やヒーターを使わなくても洋服をたくさん着れば良い

確かに電気代は勿体ないのですが、あまりにも神経質に考えるとストレスが溜まります。

しかし、ZEH(ゼッチ)化した住宅であれば、電力の自給自足を実現できますので、無理をする必要はありません。

無理をしなくても省エネ生活を送れるのは、ZEH(ゼッチ)のメリットです。

ZEH(ゼッチ)のデメリットで押さえておきたいポイント

住宅のZEH(ゼッチ)化が素晴らしいシステムだとおわかり頂けたのではないでしょうか。

しかし、これから建てる住宅をZEH(ゼッチ)化するデメリットもいくつかありますので、事前に心得ておいてください。

住宅を建てるためのコストが高くなる

ZEH(ゼッチ)の最大のデメリットは、住宅を建てるためのコストが高くなるところです。

ZEH(ゼッチ)では断熱性能を高めたり創エネ設備を導入したりしますので、普通の家よりも確実に金額が高くなります。

坪単価35万円を想定した場合、一般的な住宅と比較してZEH(ゼッチ)は約500万円は高くなる計算です。

自分たちが考えている予算をオーバーしやすい点には注意しないといけません。

太陽光発電に関するリスクがある

ZEH(ゼッチ)では太陽光発電を取り入れる形になりますが、その上で次の3つのリスクがあります。

・発電量が不安定で売電価格は年々下降している
・メンテナンスや修理で一定の費用が発生する
・故障して使えなくなるリスクがある

設備やメンテナンスなどランニングコストがかかりますので、太陽光発電の導入は決して簡単なものではありません。

間取りに制約が出る

新築を建てるに当たり、「開放感がある大きな窓にしたい」と人それぞれ希望があると思います。

しかし、ZEH(ゼッチ)は間取りに制約が出やすいのがデメリットです。

住宅において断熱性や気密性と深く関わっている部分が窓やドアを中心とする開口部で、ZEH(ゼッチ)では基準値以上の断熱性能を保たないといけません。

つまり、窓を小さくしたり減らしたりする必要がありますので、「大きな窓の家に住みたい」という希望を叶えられない可能性が高いのです。

まとめ

以上のように、ZEH(ゼッチ)化した住宅のメリットとデメリットについておわかり頂けましたか?

省エネや創エネで光熱費を抑えられる代わりに、ZEH(ゼッチ)は初期コストや間取りに関するデメリットがあります。

ZEH(ゼッチ)化した住宅を新築で建てようか迷っている方は、家作りの悩みを解消してくれるタウンライフ家づくりを利用してみましょう。

タウンライフ家づくりでは、通常の注文住宅だけではなくZEH住宅プランの見積もりも無料で提案してくれますので、詳細は公式サイトで確認してみてください。

-住宅の知識

Copyright© おうちアカデミー , 2020 All Rights Reserved.